動作環境
みつも郎15 動作環境(スタンドアロン版)
本体 日本語Microsoft Windows 10、8.1、8、7(SP1以上)、Vista(SP2以上)のOSが動作するパーソナルコンピュータ
必要OS 日本語Microsoft Windows 10、8.1、8、7(SP1以上)、Vista(SP2以上)
※64bit版のOS上では32bit互換モード(wow64)で動作します。
※Windows RTには対応していません。
※Windows 10/8.1/8では、デスクトップアプリとして稼動します。
推奨CPU能力 1GHz以上のプロセッサを搭載したIntel互換プロセッサ
メモリー 2GB以上(4GB以上を推奨)
※但しインストールされているドライバやソフトなどWindows環境でメモリ圧迫のある場合は除く。
ハードディスク 必須 空き容量4.5GB 以上(但し、.NET Framework 4のインストールには2GB(64bit)もしくは850MB(32bit)の空き容量が別途必要)
また、データ領域、作業領域は別途必要です。
ディスプレイ 1024×768以上推奨 High Color(65536色)以上推奨
CD-ROM インストール時に必須
プリンタ 使用OSで動作するプリンタドライバを含む環境
データベース Microsoft SQL Server 2012 SP1 Express(32bit)
※Microsoft SQL Server 2012 SP1 Express (32bit)および付属のPDFドライバをインストールするには、Microsoft .NET Framework 4が必要です。
※データベース領域として最大10GBまで使用可能です。
PDF作成ソフト 動作環境
PDF作成ソフト 株式会社ジャストシステム「JUST PDF3[作成]」を標準搭載
OS 日本語Windows 10、8.1、8、7、Vista(SP2以上)
※64bit版のOS上では32bit互換モード(wow64)で動作します。
※Windows 10/8.1/8では、デスクトップアプリとして稼動します。
CPU 1GHz以上
メモリ 1GB以上
ハードディスク必要容量 820MB以上
※.NET Framework 4以上がない環境の場合、これをセットアップします。(ハードディスク必要容量 32ビット版:850MB、64ビット版:2GB)
※お使いのハードディスクのフォーマット形式や確保容量などにより、必要容量は異なります。
その他 作成元アプリケーションの描画方法によっては、期待通りのPDFファイルが作成できない場合があります。
制限事項
●Windows 10/8.1/8に「みつも郎15」をインストールした際のログオンユーザーアカウントを、別Microsoftアカウントまたはローカルアカウントに更新された場合、Windows 10/8.1/8のユーザーアカウント管理仕様により、「みつも郎15」が正常に動作しなくなる場合がありますので、事前にWindows 10/8.1/8のユーザーアカウント管理仕様を十分ご確認頂いた上でご利用ください。
その他の制限事項
●「みつも郎15」のメール送信機能のご利用には、[Microsoft Outlook]など、簡易MAPI対応のメールソフトが必要です([Windows Live Mail]は非対応)。なお、簡易MAPI非対応のメールソフトについては、ご利用メールソフトの送信画面に直接ファイルを添付するなどの方法でご対応ください。
●本製品のインストール・アンインストールを行う際は、管理者グループ(Administrators及びDomain Admins)に属するユーザーでログオンする必要があります。
●LAN環境のクライアントにインストールする場合、サーバと同じセグメントで運用して下さい。また、同一のワークグループまたはドメインに属する必要があります。
●弊社ソフトおよびMicrosoft SQL Serverの使用領域において、圧縮フォルダ・ファイルでの運用はできません。
●ドメインコントローラはWindowsサーバ以外はご利用できません。
●各OSの「ユーザー切替機能」を利用した、複数ユーザーによる同時稼動はできません。
●本製品はスタンバイモードおよび休止モードには対応していません。
●PDF閲覧ソフト(Adobe Reader等)については、提供各社のホームページ等で公開されている最新プログラムのご利用を推奨します。
※みつも郎は登録商標です。※Windowsは米国マイクロソフト社の米国及びその他の国における登録商標です。※その他の記載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。※製品仕様は予告なく変更する場合があります。※本製品の一部または全部を複写、複製、改変することは、その形態を問わず禁じます。