「最後は記憶力。」そんな大学受験、世界史制覇の強い味方です。
《もうわすれないエンジン》で、
断片化された記憶から系統だった記憶へとステップアップ。


もうわすれないシリーズ

《大学受験編》  
世界史ビルダー起動画面
最後に記憶力で点数に差が出ると言われている
受験世界史の強い味方になります。
学習進度が一目で確認できますから、弱点確認、強化目標の設定が可能です。


最後に記憶力で差が出るといわれている受験世界史。
ただ、漫然と学習していたのでは、
覚えていた学習内容も時間がたつにつれ次々と忘れていくばかりです。
記憶を定着させるには繰り返して学習するのが大事。しかし、繰り返しの学習にもコツがあります。
そこで「世界史ビルダー」ではKOBEC開発「もうわすれないエンジン」を採用。
学習方法は選択形式の問題にどんどん解答していくだけ。
あとは、「もうわすれないエンジン」が新出問題と復
習すべき問題を、
個人の学習状況に応じてベストタイミングで出題し、学習成果をより系統だった記憶へ導きます


世界史制覇の第一歩は系統だった記憶
  • 問題形式は5者択一。操作はいたって簡単。なので、学習能率があがります。また、リズムよく学習するために、操作はいたってシンプルに、また、簡単な効果音を鳴らす設定を可能にしていますので、学習するのがおっくうな方でも気軽に取り組むことができます。
  • レベルに応じて、STEP数が選択できます。最大STEPのSTEP5では、約1500の問題が用意されていますが、STEP1を選択するとその中からより重要度の高い約500問が選択されて出題されるので、レベルに応じた学習が可能です。
  • 問題ごとに、ヒントとなる時代/地域区分を表示します。また、不正解時には選択した解答を元に、ヒントを表示します。(ヒント表示選択時)
  • 学習がある程度進めば、現在までの学習状況を元に、選択しているSTEPの終了までにかかる時間を概算して、表示します。
  • テスト頻度を設定しておけば、一定の頻度でテストモードが起動され、学習成果を試すことができます。
  • 自信がある方には、不正解の問題のみ、復習を繰り返す<不正解復習モード>をご用意。学習進度を速めることができます。
  • 学習が長続きする落ち着いた配色。
  • 過去の正答率、学習時間、STEPクリア予想時間が、わかりやすいグラフ表示に。

練習画面
記憶が曖昧な設問は出題頻度を高め、より確実に“もうわすれない記憶”としてメモリーされます

学習を手助けする機能が充実!

世界史ビルダーのその他の機能紹介ページへ
世界史ビルダー学習画面の特徴
「もうわすれないエンジン」アルゴリズムについて

世界史ビルダーの世界を今すぐPreview!体験ツアー
今すぐ購入はココをクリック!


動作環境
○ 本体
日本語Microsoft Windows 10,8.1,8,7,Vista,XP,ME,98,95が動作するコンピュータ
○ 対応OS 日本語Microsoft Windows 10,8.1,8,7,Vista,XP,ME,98,95
※64ビット版OSには対応しておりません。
※Windows RTには対応していません。
※Windows 10/8.1/8ではデスクトップアプリとして稼動します。
※Windows 10/8.1/8ではセットアップ時にインターネットに接続できる環境が必要です。
○ 使用ハードディスク容量 約10MB
○ 画像解像度 800×600以上


KOBEC TOPへ