現在、好評発売中の書籍「建設業が勝つための見積力」では、建設業における「見積」の重要性に着目し、著者の経験と知識から、実践できる見積力の強化法やITの活用方法などを提案しています。
本書内では、コベック株式会社の「建築みつも郎」を はじめ、「建設原価ビルダー」や「プレゼンボードデザイナー」の活用例が紹介されています。

建設業が勝つための見積力

単行本(ソフトカバー):176頁
ISBNコード:978-4-434-17609-8
定価:2,000円+消費税
出版社:パレード

※amazon.co.jpの購入ページが開きます。
※コベック(株)では販売しておりません。

建設業が勝つための見積力
制作プロジェクトチーム

企  画 神戸経営研究所

著  者 塔筋 幸造
      神戸経営研究所 代表
      中小企業診断士/MBA経営管理修士

編集協力 藤澤 直武
       中小企業診断士/MBA経営管理修士

監  修 白尾 嘉一
      創新経営コンサルティング代表
      中小企業診断士/社会保険労務士
      (特定社会保険労務士)

■ 内容紹介

本書では広く建設業にたずさわる方々に「見積力」を提言します。
成功した会社のコンサル事例、話題の経営学のエッセンス、おさえておくべき建設業のトレンドなどの情報を中心に見積力の強化法を伝授します。

積算見積のソフトウェア開発に長年たずさわった著者が、見積には特別な意味があると、といています。
建設業では見積書から事業全体を見ることで、本当の意味でのお客様との接点と自社の役割が明確になることを解説しています。
建設業とくに中小企業には、請負業として請けたら負けといったクレームを受けることが多い業種のように思われがちですが、本来は一番大切な資産を守るという視点があり、無くてはならない喜ばれる業種であるはずです。
見積の大切さを知り、その接点を活かせる営業活動のあり方を解説しています。
中小企業で実戦できる見積力の強化法やドンブリ勘定では、競争には勝ち残れないとの警鐘とともに、ITの活用方法などを提案しています。


兵庫県立大学大学院経営研究科出身の中小企業診断士が設立。
コンサルティングポリシー「商売は芸術・経営はアート」のもとに活力ある中小企業の育成を目的とし、
創業支援から戦略策定まで幅広い活動を行っています。

▲ページ先頭へ
本書で紹介されている3製品

積算見積作成ソフトの「建築みつも郎」は、一般建築・電気設備・土木などの積算見積が可能です。
最大6段階層、明細6万行の入力が可能で、代価表の作成や単価算出の明細の保存も可能な「隠れ階層」機能や金額調整機能でまるめも可能。 強力な自由レイアウト機能で表現力豊かな見積書・請求書などを作成することができます。
また、見積書に重要書類としての責任と信頼を与える押印機能を新搭載しました。
※書籍「建設業が勝つための見積力」と積算見積ソフト「建築みつも郎12」がセットになった「建築みつも郎12 見積力をアップするための解説本付き」を2014年3月28日(金)に新発売!

工事原価管理ソフトの「建設原価ビルダー」は、「工事台帳」の作成に必要な仕入・支払・入金の入力を行うだけで簡単に「工事台帳」を作成することができ、更に出面管理や支払査定などワンランク上の高機能も標準搭載しています。
業務フローに沿ったメニュー設計で、煩雑な工事の原価管理を簡単にIT化することが可能です。 また、豊富な印刷帳票であらゆる角度から原価と予算の関係を分析できます。
「建築みつも郎12」との連携で見積データを実行予算データとして活用も可能です。
※書籍内で紹介している「建設原価ビルダー2」の各機能は、最新バージョン「建設原価ビルダー3」に継承されております。

建築プレゼンボード作成ソフトの「プレゼンボードデザイナーSP」は、見積書だけでは説明しきれない仕様や完成イメージなど成約へ導く資料を作成することができます。
「プレゼンボードデザイナーSP」には、「プレゼンボードデザイナー(ソフト本体)」と「プレゼンボードデザイナーテンプレート集(CD-ROM)」、「建築見積のためのプレゼンボードの使い方(小冊子)」が同梱されています。
やさしい操作と豊富なテンプレートで簡単・スピーディにプレゼンボードを作成できます。すぐに使える建築業向け用途別テンプレートを120種収録。提案ノウハウが詰まった小冊子も付属。

▲ページ先頭へ